―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

料理人の言い訳に耳を貸すな

さあ、「釣り名人」について考えてみたいんだ。それほど難しい問題ではない気がするんだ、「博士」の特色って。
トップページ >

ページの先頭へ

雪の降る土曜の昼は読書を

昨日は、梅雨があけてから初めて雨が降った。
ウキ釣りの約束をいとことしていたのだけれど、雷が鳴ってきたので、さすがに怖くて行けそうにない。
あとで外を見たら、雨が降っていなかったので、やはり行くということになったのだが、釣りに行くための準備をして、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨がやんだから来ていた釣り人が、あわてて釣り道具を入れていた。
えさも解かして準備していたが残念だった。
次の機会にと話して釣り道具をなおした。
明後日からは晴れみたいだ。
その時は、次こそ予定を立てて行ってみる。

暑い土曜の朝は友人と
「とにかくこうで決まっている!」と、自分の価値観のみで人を裁くのは悪ではない。
とは言っても、世の中には、事情と言われるものが人間の周囲に浮いている。
この事を考えれば自信を持つのは良いけれど、あまり反論するのはどうなんだろう?と考える。
当然、これも一つの意見でしかないんだけれど。
厳しい世になる可能性のあるかもしれない。

夢中で話す母さんと夕立

今日この頃、物語を読み進めることは少なくなったが、以前に水滸伝の北方謙三版に熱中していた。
過去の水滸伝を読んだ時は、取るに足りないと思い、心酔しなかったが、北方謙三さんの水滸伝を読み進めたときは、興奮して、読み進めるのが止まらなかった。
会社の休憩中や帰ってからの食事中、入浴中でも読み進めて、1日一冊ずつ読みふけっていた。
作中人物が人間くさく、雄々しい人物がものすごく多数で、そういったところに没頭し読んでいた。

息絶え絶えで体操するあの子とオレ
見物するためにたいそう多く歩き進まなくてはならない動物園は、9月はとっても暑くて汗がでる。
友人夫婦とお子さんと自分と妻と子供といっしょに見に出向いたが、めちゃめちゃ蒸し暑くてきつかった。
とっても日差しも暑いので、どんな動物も多くが動いていないし、遠くの物影に身をかくしていたりで、非常に観察出来なかった。
次回は、水族館などが暑い時期はよさそうだ。
子供が小学生になったら夏期限定の夜の水族館や動物園もたまらなさそうだ。

笑顔で踊る先生とわたし

元々お肉があまり好きではないおかずはあたりまえに魚介類中心になる。
そうなると、真夏の、土用の丑の日は、結構イベントごとだ。
関東でうなぎを開く場合、背開きという風習がある。
なんでかと言うと、昔武士の町なので、腹開きにすれば切腹に通じてしまいタブーなため。
それに対して、西の方で開く分には、腹開きである事が習わし。
理由は、大阪の方は商人色の強い場所なのでお互いに腹を割りましょうと言う意味につなげているから。
でも、自腹を切るの取り方も通じるので、場所によっては良くない場合も。
理由は、大阪の方は商人色の強い場所なのでお互いに腹を割りましょうと言う意味につなげているから。
でも、自腹を切るの取り方も通じるので、場所によっては良くない場合も。
上記の雑学は、旅行業で働いていた時に、常に、お客様に話していた話です。
東京駅から出発して、静岡の三島のウナギを食べに向かうという日程。

雲が多い火曜の午前は読書を
ここ最近のネイルは、バイオジェルなど、非常に高度な技術が駆使されているみたいだ。
気持ち程安くしてくれるインビテーションをいただいたのでサロンに向かった。
人一倍、色やシンプルさに対して、優柔なので、決めるのに時間を要した。
小指だけ簡単なネイルアートをしてもらって、とてもご機嫌になった。

どんよりした大安の明け方は立ちっぱなしで

少年は夜中の三時に目が覚めてしまった。
夏休みに入って10日程度過ぎた頃だった。
あまりの暑さに熟睡できなかったのだろう。
せんぷうきは部屋の空気をかき混ぜているだけで、全く涼しさを感じない。

寝れないし、お腹も空いたので、少年は大好きなカレーを作る事にした。
冷蔵庫を開いて食材を確認し、野菜と肉を切って、炒め、そして煮込んだ。
夜明け前には、家中にとても美味しそうなカレーの香りがしていた。

雹が降った日曜の午後はカクテルを
いつものEくんがくれるメールの内容は、一体何のことを語りたいのか何も理解できない。
お酒が入ってても飲んでなくてもほとんどいまいちだ。
しかし、彼が仕事の一環で考えたという、会社の商品と寄付金に関する文書を見た。
普通の文章書いてる!と驚いてしまった。

汗をたらして跳ねるあの子と草原

営業用で何枚かスーツに似合うシャツを所持しているけれど、絶対買う時に何枚も試しに着てみる。
そこそこ、シャツに執着するのも変わってるかと思うようになっていた。
そんな時に、今日、Yシャツはオーダーメイドしてもらうという方がいらっしゃったので、驚いた。
けれど、シャツ一枚でカッコよく見えるのはいいな、と感じた。

騒がしく走るあの人と擦り切れたミサンガ
何故か今頃ニンテンドーDSに虜にされている。
最初は、TOEIC対策にもっと英語漬けやターゲットのソフトを中心にしていただけだった。
しかし、ヨドバシでソフトを選んでいたら他の物に目移りしてしまい、無駄に購入してしまう。
ソムリエDSやマリオパーティー、桃太郎電鉄などなど。
変わったソフトで、旅の指さし会話帳も売れているらしい。
これは、電車内などのちょっとした空き時間には活躍しそうだ。

サイト内コンテンツ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サイト内コンテンツ

Copyright (c) 2015 料理人の言い訳に耳を貸すな All rights reserved.